長崎モンコレ部(仮)のブログ

長崎モンコレ部(仮)のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

15.09.20 非公式大会ネオスタン戦

ますらおです。
酸素氏、芳憲氏両名不在なので代理レポです。

◆参加者◆
ますらお:雷姫
89314さん:BL3紅河(だったっけ?)
GABOさん:BL5花園の歌姫

一回戦、89314vsGABO
お互い相手を自陣に入れずに戦うベテラン同士らしい攻防戦。
しかし、GABOさんがエースカードのアッサムを引けないまま、ジリジリと後退。
そのまま押しきられて本陣陥落。
89314さんの勝ち。

二回戦、ますらおvsGABO
先程とは一転、初手から召喚されるアッサム。
ユニットの引けないますらお。
一気に本陣前まで攻め込まれ、イコナ、ククリがアッサムの息で吹き飛ばされる。
まじ、アッサム止まらんです。
返しのターンでウズメの鬼神法・撃がアッサムに炸裂。
そこから、ウズメが真っ直ぐ進んで本陣陥落の逆転決着。
ますらおの勝ち。

三回戦、ますらおvs89314
すみません、あんまり良く覚えてない。
自陣2での戦闘で負けたと思ったら、ユニット引けずに囲まれて、ひたすら防衛戦してたら山切れで判定負け。
89314さんの勝ち。

結果、89314さんの優勝!

その後はフリープレイしながらプラズマボール談義。
非常に楽しい時間でした。
次回は酸素氏、芳憲氏、アリス氏らと大人数で遊べたらいいなぁ~。

ちなみに、翌日、89314さんが我が家に遊びに来て、対戦しまくったせいで、この日の試合内容を良く覚えてないのだよ。
スポンサーサイト
  1. 2015/09/23(水) 15:31:48|
  2. ますらお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

【ネオスタン】B5エルフ

ますらおです!
いつぞや使用したエルフのレシピ載せときます。

【ユニット 23】
緑の風の魔女モルガン 2
妖精騎士パーシヴァル 3
妖精騎士ランスロット 3
竜鳴の騎士ラインズベル 2
螺旋竜ド・ゴゾン 2
エルフ精霊剣士団 3
エルフ霊樹防衛隊 2
エルフ森林工作隊 1
ワルキュリア聖斧隊 3
【スペル 16】
アース・シールド 3
エンタングル 2
グラヴィトン 2
ルーン・ジャベリン 3
ルーン・スプレッド 1
サイコ・カッター 2
ドラグーン・ドライブ 2
シャドウ・バインド 1
【アイテム 8】
妖精のスクロール 3
妖精のパウダー 2
竜槍ブリューナク 3
【地形 3】
シャーウッドの森 3

モルガンとランスロットを採用して、エルキュリアからの脱却を目指したエルフです。
ポイントは先攻後攻スイッチで戦うこと。
組めたパーティと相手に合わせてシャーウッドの宣言、パーシヴァルの能力宣言を調整します。
ディフェンダー殴りがあるんで、霊樹防衛隊を採用。
ただ、やっぱり最強パーティは槍持ちラインズベル+パーシヴァルでした。
このパーティは現環境のモンコレで最強クラスですよね。
モルガンも守りのカードとしてはかなり優秀で、ランスロットと組んで防衛戦に徹するとまず落とされないです。
ワラパンに聖斧隊を、錬金・魔剣に工作隊を採用しましたが、出番なし。
バランスも良く事故率も低く、使い易さもあり、エルフは本当にいいデックだと実感しました。
弱点はあんまりないけど、永続的にワラパンに殴られることと大きすぎる相手がキツイかもです。
  1. 2015/08/20(木) 12:05:07|
  2. ますらお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【ネオスタン】らお式B1大型ドラゴン

ますらおです!
ブシロード環境で遊んでくれた方々、本当にありがとうございました!
最後の公認大会で使用したデックを掲載します。
なかなか面白いデックを最後に組めたかなぁ。

【ユニット20】
火竜ゲオルギウス 3
セイクリッド・バハムート 3
螺旋竜ド・ゴゾン 3
リヴァイアサン 3
ファイア・ドラゴン 2
金竜姫シルヴィア 3
シルヴィアの竜太子 3
【スペル27】
ファイア・ジャベリン 1
ドラグーン・エナジー 3
バトル・クライ 2
ヒート・インフレーション 1
スパーク 2
フラッシュ・デトネイター 2
オーシャン・タイド 3
ポイズン・スプラッシュ 2
リップル 2
レジスト 3
エンタングル 3
マジック・シールド 3
【地形3】
羅生門 3

火、土、聖の竜王が真っ直ぐ本陣を狙いに行きます。
この3体は結構自由に戦場を飛び回れるので、自陣2に防衛拠点を作っても、横からでもガンガン前に出ていけます。
んで、早めの本陣攻めを狙っていきます。
自陣2に羅生門を張れたら、防衛がかなり楽に。
特にド・ゴゾンと羅生門の相性は抜群ですね。
ゲオルは先攻ワラパンが苦手で、セイクリは大型高防衛力が苦手ですが、これは入れ替えるとお互いの得意になってます。
ゲオルとセイクリはお互いの苦手をカバーしあえて本当に相性がいいなぁと。
欠点としては英雄点の高いユニットばかりを召喚するので、あまり長時間は戦えないところと、ユニット少な目でセイクリのブレスのコストが不足しがちなあたりでしょうか。
まぁ、あくまでもこのデックのエースはゲオルギウスなんで、そこはブレない様に考えました。
思ってた以上に使いやすいデックになりました!
  1. 2015/03/31(火) 09:07:51|
  2. ますらお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ネオスタン】らお式ラミゲオル

ますらおです!
先日、大会で使用したデックです。

【ユニット 26】
火竜ゲオルギウス 3
吸血姫カーミラ 3
吸血姫メリジェーヌ 2
アッシュ 3
ラミアの踊り子 3
ラミアの吟遊詩人 3
アネモネボトム 2
デーモンヘッド 1
ファイアフォックス 3
ダンデライオン 3
【スペル24】
スタンナックル 3
バトルクライ 2
ヒートインフレーション 2
スパーク 2
ブラッドドレイン 3
ゴーストマジック 3
シャドウバインド 2
フィアー 2
ヘルブレイズ 2
エンタングル 3

エルキュリア、亡霊、風神竜、牛と、殴るデックが主流の環境から外して、殴らずに戦うことが出来るデックです。
隙のない構築を目指すがコンセプト。
実際、使ってみた感じは抜群で先攻後攻問わず戦えます。
それでも先攻取った方がもっと強いです!
英雄が寝て戦うのがメインになるんで、同時は勘弁。
見てもらったらわかる様に、ワラパン対策がないので、そこ突かれると厳しいです。
まぁ、長崎の大会だと、最近ワラパン見ないからいいかなとw
ラミアは防御力が高いんで、相手の先攻パンチもワンアクションで防げたり。
ゴーストマジックやシャドウバインドあたりの強力なスペルが無理なく撃てるのが強み。
戦闘でやれることが多いんで、慣れてないと時間が掛かり過ぎることも。
個人的に火、魔のスペルは使いやすいんで、思ってた以上に自分にハマったデックでした!
  1. 2015/03/28(土) 00:11:40|
  2. ますらお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【ネオスタン】ゲオルワイバーン

ますらおです!
先日、Skype対戦で新ゲオルギウス(配布前なのでサンプル印刷で)を試してみたので報告も兼ねてデックレシピ置いときます。

火竜ゲオルギウス 3
セイクリッドバハムート 2
風神竜ベオウルフ 2
ウォーワイバーン 18
ブラックアガマ 2

バトルクライ 3
ヒートインフレーション 2
スタンナックル 2
ドラゴンスケイル 3
リップル 3
タイダルウェイブ 2
ドラグーンオーラ 2
エンタングル 2
スタンガスト 2
ドラグーンドライブ 2
※ブロックⅤ構築(同名カードはブロックシンボルⅤまたは∞のもの)

先ずは単純に一番強そうなワイバーンにゲオルを突っ込んでみたデックです。
戦い方は従来型のワイバーンと同じです。
ゲオルギウスがワイバーンの殴りきれない大型を、セイクリッドバハムートがワラパンをやっつけます。
基本的にゲオル、ワイバーンが攻め、セイクリッド、ベオウルフが受けのカードなイメージ。
今回はゲオルギウスの使い勝手をメインに話をしますね。
まず、防御7点。これだけで、ホントに墜ちにくくなりました。ドラグーンオーラ一枚で11点まで上がり、大抵のダメージは防ぎきります。それ以上強力な攻撃は耐性付与で。*1枠若しくは劫火のブレス一発である程度の攻めを防ぐことが出来るようになりました。
新技、灼熱のブレスはかなりの使い勝手の良さ。相手にしてみれば7点パーティダメージを無傷で切り抜けるのはなかなかに困難のよう。44パーティの片方が防御上げて耐えても、追撃の劫火をどうにか出来る状況でないと意味がないのでそもそも対抗を諦めるという場面がありました。
今回、場に出したゲオルは同時攻撃で墜ちていくことがほとんどという哀しみを背負ってましたが、ちゃんと戦えたときはすっげー強かったですよ。
攻めてる、守ってるを他のユニット以上に気にしてやる必要のあるカードだと感じました。
やっぱり、ゲオルギウスが無双する雄姿は嬉しい限りですね。
早く本物のカード触りたいです!
  1. 2015/02/06(金) 11:46:25|
  2. ますらお
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。